フェンシングつれづれ(RENEWAL)

フェンシングつれづれ

太田雄貴、森永製菓に入社

ニート剣士”フェンシング太田、涙の森永入社会見 10月23日17時39分配信 産経新聞

 森永製菓入社が決まった北京五輪フェンシング男子フルーレ個人銀メダリストの太田雄貴(22)=京都ク=が23日、東京都北区のナショナルトレーニングセンターで会見を行い、「フェンシング界を背負い、一社会人として頑張っていきたい」と抱負を語った。
 11月1日付で健康事業本部ウイダー事業部に配属され、商品開発やPRを務めるマーケティング担当の社員選手となる。背広にネクタイ姿で臨んだ会見では「就職していないことがつらい時期もあった。いろんな人に支えてもらった」と涙ながらに話す場面もあった。
 今春の同大卒業後も就職せず五輪に専念し、メダル獲得後は「ニート剣士」と話題に。五輪後に就職のオファーを受けた三十数社の中で、高校時代から商品提供など支援を受けていた同社と「フェンシングを通じて子供に夢を与えたい」という考えが一致したため入社を決めたという。


2008年北京五輪 フェンシング で銀メダル獲得の太田雄貴選手が森永製菓に入社決定のお知らせ

 森永製菓株式会社(東京都港区芝、社長・矢田雅之)は、2008年北京五輪で日本フェンシング史上初の銀メダリストとなった太田雄貴選手を11月1日付で社員として雇用いたします。
 当社ウイダー事業部では、太田選手が高校3年生の時から「ウイダー・サポート・プログラム」(※)を提供して参りました。「子どもの未来のために役立ちたい」という太田選手の思いと、当社の「世界の子どもたちに貢献できる企業になる」という創業以来の夢が合致し、今回の社員雇用という運びとなりました。
配属先は、太田選手の才能をもっとも発揮できるフィールドであるスポーツの事業領域を担うウイダー事業部です。太田選手には今後、当社の社員として、製品開発や改良、ウイダーサプリメントのPRも努めてもらう予定です。
 当社は太田選手へのアドバイスや、アスリートとしての更なる活躍に向けてサポートを行い、それぞれの思いの実現に向けて共に歩んで参ります。

所属・入社日は以下の通りです。
【所属】 : 森永製菓株式会社
    健康事業本部 ウイダー事業部 マーケティング担当

【入社日】 : 2008年11月1日付

●入社決定記者会見の様子は、こちらでご覧いただけます。(森永製菓ニュースリリース) ウィダーblog