フェンシングつれづれ(RENEWAL)

フェンシングつれづれ(はてなダイアリーより移行中)

高校選抜北海道東北予選は無観客開催

 だそうです。青森県協会のHPより。
 試合は、1/22-24、スポカルイン黒石で開催される。


○男子フルーレ
A組 仙台城南、一関二、田名部、札幌光星
B組 秋田北鷹、川俣、米沢中央

○女子フルーレ
A組 気仙沼米沢興譲館札幌大谷
B組 一関二、田名部、秋田北鷹

○男子エペ
A組 一関二、田名部、札幌光星、川俣
B組 秋田北鷹、仙台城南、米沢中央

○女子エペ
A組 札幌大谷、仙台三、一関二
B組 田名部、秋田北鷹、山形東

○男子サーブル
A組 仙台三、山形東、一関二
B組 秋田北鷹、田名部、札幌光星

○女子サーブル
A組 一関二、山形東、札幌光星
B組 秋田北鷹、田名部、気仙沼

・・・聖霊が全種目予選敗退。。。

仙台市選手権(エペ杯・サーブル杯)は中止

 2月13・14日に開催予定でした、仙台市フェンシング選手権(エペ杯・サーブル杯)は、2020年度の開催を中止いたします。

 なお、3月13・14日に開催予定のフルーレ杯については、現時点では開催を予定しています。

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

 フェンシングにおいては、俺の場合は

 

「審判に文句をつけなくなったとき」か。

 

 大学の下級生の頃までは、しきりにあーでもないこうでもないと言っていたけど。

 

 なんで言わなくなったかって?

・高校生の試合で、審判をするようになった

・意図してコントルをするようになったので、アタックで突かれたら負け、と認識しているから。

 

 ただ、サーブルでアタックで切りに行ってるのに、カットを取ってもらえない(コントルに見られる)のはなんだかなぁ、だが。なぁ〇工大。

JOC杯最終日

◎JOC杯最終日(1/10、駒沢体育館)

・カデ女子フルーレ 参加34名
1 飯村 彩乃  龍谷大平安高校・中学校 / 京都府
2 長瀬 凛乃  はしまモア / 岐阜県
3 貫井 由羅  DFA / 東京都
4 千葉 穂波  仙台城南高等学校 / 宮城県
5 竹山 柚葉  乙訓高等学校 / 京都府
6 中出 陽愛  羽島北高等学校 / 岐阜県
7 山田 ひなた 愛工大名電高等学校 / 愛知県
8 早川 葵彩  東亜学園高等学校 / 東京都
34 阿部 佑美  仙台三高 / 宮城県

・カデ男子エペ 参加32名
1 弓長 昇主   愛工大名電高等学校 / 愛知県
2 篠原 功    NEXUS FC / 東京都
3 安井 琥珀   法政大学第二高等学校 / 神奈川県
4 小城 颯人   慶應義塾高等学校 / 神奈川県
5 中本 尚志   岩国工業高等学校 / 山口県
6 篠田 真吾   富山県立福岡高等学校 / 富山県
7 圓尾 晃生   高松北中学校 / 香川県
8 宇惠野 安次郎 青森ジュニアC / 青森県
12 臼井 康晴   気仙沼ジュニアFC / 宮城県

・カデ男子サーブル 参加23名
1 伊藤 羽舷  めんたいクラブ / 福岡県
2 宮﨑 孝司郎 福岡魁誠高等学校 / 福岡県
3 佐藤 悠雅  西南学院高等学校 / 福岡県
4 堀 智貴   愛工大名電高等学校 / 愛知県
5 山口 李世  SEISA / 埼玉県
6 上山 一鉄  星槎国際高等学校川口 / 埼玉県
7 岡村 怜音  鹿児島南高等学校 / 鹿児島県
8 渡部 颯良  東亜学園高等学校 / 東京都

 参加・運営された皆様、お疲れ様でした。

JOC杯3日目

◎第28回JOCジュニア・オリンピック・カップ・フェンシング大会
(1/9,駒沢体育館)

・カデ男子フルーレ 参加42名
1 福田 亮介  大垣南高等学校 / 岐阜県
2 鎌田 晃成  鹿児島JR.FC / 鹿児島県
3 関本 祐大  熊本ジュニアC / 熊本県
4 清原 崇史  本吉FC / 宮城県
5 峰岸 佳吾  沼田高等学校 / 群馬県
6 菊元 雪   龍谷大平安高校・中学校 / 京都府
7 石橋 臣都  高松北高等学校 / 香川県
8 萩原 嵩造  慶應湘南藤沢中等部 / 神奈川県
15 米倉 尚輝  仙台城南高 / 宮城県
38 菅原 史晴  気仙沼ジュニアFC / 宮城県

・カデ女子エペ 参加19名
1 本間 美月  柿の木台スケルマ / 千葉県
2 須田 真衣  星槎国際高等学校川口 / 埼玉県
3 西岡 瞳   小林聖心女子学院中学校 / 兵庫県
4 大高 姫菜  SEISA / 埼玉県
5 岸本 鈴   龍谷大平安高校・中学校 / 京都府
6 森嶋 夕稀  SEISA / 埼玉県
7 篠島 優衣  NEXUS FC / 東京都
8 平西 桜子  金沢西高等学校 / 石川県

・カデ女子サーブル 参加21名
1 河野 真央  慶應義塾女子高等学校 / 東京都
2 大島 愛実  埼玉栄高等学校 / 埼玉県
3 平林 七奈子 王子総合高等学校 / 東京都
4 山崎 妃奈乃 渋谷教育学園幕張高等学校 / 千葉県
5 板橋 香菜子 SEISA / 埼玉県
6 後藤 千里  香川ジュニアFC / 香川県
7 横田 彩未  法政大学第二高等学校 / 神奈川県
8 金高 生幸  愛工大名電中学校 / 愛知県
21 阿部 希実  仙台一高 / 宮城県

 

JOC杯2日目

◎第28回JOCジュニア・オリンピック・カップ・フェンシング大会
(1/8,駒沢体育館)

・ジュニア女子フルーレ 参加33名
1 竹山 柚葉  乙訓高等学校 / 京都府
2 巾下 栞奈  日本女子体育大学 / 東京都
3 上野 優佳  中央大学 / 東京都
4 竹澤 志緒里 乙訓高等学校 / 京都府
5 長瀬 凛乃  はしまモア / 岐阜県
6 岡田 芽生  大垣南高等学校 / 岐阜県
7 齋藤 利莉  日本体育大学 / 東京都
8 千葉 穂波  仙台城南高等学校 / 宮城県

上野優佳、両足けがも強行3位…フェンシング女子フルーレ JOCジュニアオリンピック

女子フルーレ3位決定戦で竹沢(手前)を破った上野
女子フルーレ3位決定戦で竹沢(手前)を破った上野

 フェンシングのJOCジュニアオリンピックカップ第2日が8日、東京・駒沢体育館で行われ、女子フルーレは東京五輪代表入りを確実にしている上野優佳(19)=中大=が準決勝で昨年大会覇者の竹山柚葉(16)=京都・乙訓高=に10―15で敗れ、3位だった。五輪イヤー初戦は両足にけがを抱えながらの強行出場だったが、約4か月ぶりの実戦で、一定の収穫を得た。竹山が連覇を飾った。

 上野はマスクを外すと、顔をしかめた。準々決勝までは大差で勝ち進んだが、準決勝で昨年大会優勝の竹山に対してミスを連発。フルーレの有効面は胴体のみだが、剣が相手の足に当たるなど外す場面が多く見られた。「久々の試合で(相手との)距離感が合わず、無効面を突いていた。ミスで負けた」と唇をかんだ。

 2021年五輪イヤー初戦は、昨年9月の全日本選手権以来の実戦となった。右足首の捻挫に加えて、左足にシンスプリント(すねの痛み)を発症する調整不足で「棄権も考えた」が「試合感覚を取り戻したい」と強行出場を決断。格下に敗れたものの「悔しいけど、自分の弱い部分を再確認できた。出てよかった」と納得の表情を浮かべた。

 新型コロナウイルス感染拡大で1都3県に緊急事態宣言が発令された。新年を迎え、友人から「今年は(東京五輪が)あれば頑張って」と心配する連絡も届いたが「結果を残せるように頑張る」と前向きに返した。

 フェンシングは五輪選考レースが昨年3月に中断したが、1戦を残して上野の代表入りは確実。女子のエースとして「五輪で団体、個人戦で金メダル獲得をしたい」と力強かった。日本女子初のメダルへ復調の階段を上っていく。(報知)

 

 

・ジュニア男子エペ 参加30名
1 関原 麗允  日本大学 / 東京都
2 浅海 聖哉  埼玉栄高等学校 / 埼玉県
3 大谷 謙介  岩国工業高等学校 / 山口県
4 伊藤 海之亮 栃木商業高等学校 / 栃木県
5 松本 龍   王子総合高等学校 / 東京都
6 武井 琉晟  中央大学 / 東京都
7 髙橋 未楽  立教新座高等学校 / 埼玉県
8 坂藤 秀昌  慶應義塾高等学校 / 神奈川県

 

 フェンシングの第28回JOCジュニアオリンピックカップ大会(東京・駒沢オリンピック公園体育館)は8日、第2日の競技を行い、男子ジュニア(20歳未満)エペに出場した関原麗允(れい)(日大、沼田高出身)が初優勝した。アジアジュニア選手権(2月下旬、ウズベキスタン)と世界ジュニア選手権(4月、エジプト)に日本代表として出場する権利を獲得した。

◎合宿で攻撃力高める
 日大に昨春入学した関原にとって、このジュニアオリンピックカップはようやく開催された大学生活最初の大会。「ジュニア最後の年。優勝して国際大会の代表権を」と心に決めて臨んだ。(上毛)


・ジュニア男子サーブル 参加30名

1 坪 颯登   JOCエリートアカデミー / 東京都
2 小久保 真旺 星槎国際高等学校川口 / 埼玉県
3 加藤 響   中央大学 / 東京都
4 力武 優斗 中央大学 / 東京都
5 木村 友哉 日本大学 / 東京都
6 江村 凌平 中央大学 / 東京都
7 津森 志道 東亜学園高等学校 / 東京都
8 石井 豪  東亜学園高等学校 / 東京都

JOC杯開幕

◎第28回JOCジュニア・オリンピック・カップ・フェンシング大会
(1/7,駒沢体育館)

 速報サイトはこちら。

・ジュニア男子フルーレ 参加40名
1 飯村 一輝 (JMF) 龍谷大平安高校・中学校 / 京都府
2 林 祥蓮 (JMF) 鹿児島高等学校 / 鹿児島県
3 馬場 俊輔 (JMF) 大垣南高等学校 / 岐阜県
4 ガッツチョーク ジュリアン (JMF) 慶應義塾大学 / 東京都
5 堀部 聖太 (JMF) 岩国工業高等学校 / 山口県
6 吉弘 航平 (JMF) 鹿児島南高等学校 / 鹿児島県
7 太田 拓輝 (JMF) 愛工大名電高等学校 / 愛知県
8 水野 怜央名 (JMF) 慶應義塾高等学校 / 神奈川県
35 内ケ崎 良磨     仙台城南高 / 宮城県

・ジュニア女子エペ 参加24名
1 永井 杏奈 (JWE) 中京大学 / 愛知県
2 齋藤 華南 (JWE) 市立秋商業高等学校 / 秋田県
3 岸本 鈴 (JWE) 龍谷大平安高校・中学校 / 京都府
4 太田 陽詩 (JWE) 龍谷大平安高校・中学校 / 京都府
5 寺山 珠樹 (JWE) 日本大学 / 東京都
6 高橋 栄利佳 (JWE) 与野高等学校 / 埼玉県
7 稲山 友梨 (JWE) 星槎国際高等学校川口 / 埼玉県
8 本間 美月 (JWE) 柿の木台スケルマ / 千葉県
19 須田 真衣      星槎国際高等学校川口 / 埼玉県

・ジュニア女子サーブル 参加22名
1 尾﨑 世梨 (JWS) 鹿児島南高等学校 / 鹿児島県
2 石橋 幸貴 (JWS) 東京女子体育大学 / 東京都
3 高橋 千里香 (JWS) 法政大学 / 東京都
4 黒田 ほのか (JWS) 早稲田大学 / 東京都
5 梅北 愛斐 (JWS) 日本大学 / 東京都
6 小山 美優 (JWS) 同志社大学 / 京都府
7 大島 愛実 (JWS) 埼玉栄高等学校 / 埼玉県
8 平林 七奈子 (JWS) 王子総合高等学校 / 東京都