フェンシングつれづれ(RENEWAL)

フェンシングつれづれ

全日本個人戦2日目

◎全日本フェンシング選手権
○男子個人フルーレ 全結果

淡路卓仙台城南高職)は3回戦で三宅に、藤野大樹(デンソー岩手)は3回戦で野口に敗れる。

・準々決勝
野口凌平(法大)13−15松山恭助(早大) 鈴村健太(法大)15−4伊藤真(NEXUS)
大石利樹(山九)15−13舩本誠志郎(NEXUS) 三宅諒(フェンシングステージ)12−15西藤俊哉(法大)。

・準決勝
松山恭助(早稲田大)15−5 鈴村健太(法政大) 西藤俊哉(法政大)15−7 大石利樹(山九

・主な順位(5位以下)
 5位 伊藤 真   NEXUS PLUM
 6T 三宅 諒   フェンシングステージ
 6T 舩本 誠志郎 NEXUS PLUM
 8位 野口 凌平  法政大
 9T 藤野 大樹  DENSO岩手
13位 淡路 卓   仙台城南高職
14位 安部 慶輝  拓殖大
54位 村上 拳   気仙沼


○女子個人フルーレ 全結果
・準々決勝
菊池小巻(専大)13−15辻すみれ(岐阜ク) 東晟良(和歌山北高)15−11上野優佳(別府翔青高)
柳岡はるか(全日空)8−15西岡詩穂(警視庁) 阿部広美(警視庁)7−6吉澤千恵(群馬県

・準決勝
東晟良(和歌山北高)12−10辻すみれ(岐阜ク) 阿部広美(警視庁)15−14西岡詩穂(警視庁)
ともに初の決勝進出。決勝は10日。

・主な順位(5位以下)
 5位 菊池 小巻  専修大
 6T 吉澤 千恵  群馬県
 6T 上野 優佳  別府翔青高
 8位 柳岡 はるか 全日空
 9位 東 莉央   日本体育大
10位 宮脇 花綸  慶應義塾
14位 真所 美莉  三菱東京UFJ銀行
33位 狩野 央梨沙 常盤木学園

 男子フルーレの西藤は、決勝進出を決めても「課題が多く残った」と反省した。決勝トーナメント1回戦では、立ち上がりでミスを連発。「負けてもおかしくなかった」と言う状況から、積極的な攻撃で立て直した。
 2年前にも決勝に進んでいるが、「失うものは何もない状態で勝ち上がった」と当時を振り返る。世界選手権で銀メダルを獲得するなど、国際大会で結果を残して挑む今年は置かれた立場が違う。初の頂点を見据え、「結果を出すことで実力も証明できる。すべての準備を整えて(決勝に)入りたい」と意気込んだ。(時事)

 女子フルーレで初の決勝進出を果たした18歳の東晟良は「本当にうれしい」と声を弾ませた。準決勝では残り1分から、3点差を追い付かれながらも、相手の一瞬の隙を突いて2点を奪って振り切り、「勝ちたいという気持ちだけでやった」と気迫を強調した。
 和歌山北高3年で国内ランキング4位。昨年は2回戦で敗れ、決勝に進んだ姉の莉央を観客席から見詰めて悔しさを募らせた。姉超えも懸かる舞台に向け、「自分が今出せる力を出して高校生初の優勝を目指したい」と意欲的に話した。(2017/12/08-21:39、時事)