フェンシングつれづれ(RENEWAL)

フェンシングつれづれ(はてなダイアリーより移行中)

世界選手権最終日

〇男子フルーレ団体 結果
・準々決勝 USA 45V-30 CHN RUS 45V-28 KOR
      FRA 45V-24 GER ITA 45V-28 HKG
・準決勝  USA 45V-30 RUS FRA 45V-32 ITA
・7決 CHN 45V-42 GER
・5決 HKG 45V-40 KOR
・3決 ITA 45V-32 RUS
・決勝 USA 45V-32 FRA


〇女子サーブル団体 結果
・準々決勝 FRA 45V-34 UKR KOR 45V-39 USA
      ITA 45V-38 HUN RUS 45V-28 CHN
・準決勝  FRA 45V-43 KOR RUS 45V-37 ITA
・7決   USA 45V-32 CHN
・5決   HUN 45V-40 UKR
・3決   KOR 45V-35 ITA
・決勝   RUS 45V-40 FRA


 というわけで、皆様お疲れ様でした。

 そして、今日7月24日は、東京五輪開会式の一年前。。。

世界選手権8日目。男Eはフランス、女Fはロシア制する。

〇男子エペ団体 トーナメント表

・3決   SWI 45V-35 CHN
・決勝   FRA 45V-37 UKR


〇女子フルーレ団体 トーナメント表

・3決   USA 45V-43 FRA
・決勝   RUS 43V-42 ITA


〇女子サーブル団体 参加31ヶ国

日本(青木、江村、福島、田村)は第9シード 前年度9位
・1回戦 JPN 45V-28 SIN
・2回戦 JPN 34-45V UKR
順位戦 JPN 45V-26 TUR
順位戦 JPN 45V-31 GER
・9決  JPN 45V-34 POL
 日本は前年に続き9位。

準々決勝組合せ 7/23 1730JSTより
FRA-UKR KOR-USA ITA-HUN CHN-RUS


〇男子フルーレ団体 参加35ヶ国

日本(松山恭、三宅、敷根崇、鈴村)は第6シード 前年度7位
・2回戦 JPN 45V-28 THA
・3回戦 JPN 37-45V GER
順位戦 JPN 45V-31 CAN
順位戦 JPN 45V-29 DEN
・9決  JPN 45V-41 POL

 日本は9位。。。

準々決勝組合せ 7/23 1830JSTより
USA-CHN KOR-RUS FRA-GER HKG-ITA

日本男子「頑張れた」切り替えて9位 フェンシング
<2019年7月23日8時39分、日刊>

<フェンシング:世界選手権>◇第8日◇22日◇ブダペスト

男子フルーレは3回戦でドイツに敗れて8強入りを逃したが、順位決定戦の3試合をいずれも制して9位は確保した。主将の松山恭助は「負けてから気持ちの切り替えがきつい中で頑張れた」と前向きに捉えた。

ドイツ戦で敗因となる大量失点をした敷根は「事前に練った対策が自分には緊張につながってしまった」と反省したが、順位決定戦では切れのある攻撃を取り戻して貢献した。


・・・というわけで、日本の試合は昨日で終了。
 取り急ぎ、皆様お疲れ様でした。

 後味の悪い負け方だったなぁ。。。と。

江村美咲
「望んでいた結果ではなく残念。最後のほんの少しの正確さが課題と感じた。それができれば自信を持ってフェンシングができると思う」

福島史帆実
「(ウクライナとの2回戦は)勝てた相手だった。相手が強いというより、自分のミスで相手に得点を与えた。大事な場面で冷静にできるようにしたい」

青木千佳
「団体でメダルを目指していたので悔しい。負けた試合はミスが目立っていたので、そこを冷静にやれていれば。反省点ばかりだった」

田村紀佳
「ベスト8に残れず悔しい。負けた試合だけ緊張して、焦ってしまった。練習したことがそのまま試合で出せれば、勝てるチームだと思う」

三宅諒
「(男子フルーレ3回戦で屈した)ドイツは強いので警戒していた。事前にミーティングで対策もしていたので負けて悔しい。ただ負けた後のリカバリーは良かった」

鈴村健太
「3回戦で負けるつもりはなかったので悔しい。どうして負けたかを振り返り、同じミスを繰り返さないようにして次につなげたい」(選手コメントはサンスポ)

世界選手権8日目。男子フルーレ団体敗れる。

〇男子エペ団体 トーナメント表

・準々決勝 RUS 41-45V CHN UKR 37V-34 ITA
      KOR 28-45V FRA ISR 34-45V SWI
・準決勝  CHN 24-38V ITA FRA 45V-27 SWI
・7決   RUS 45V-42 ISR
・5決   ITA 45V-25 KOR
・3決   CHN-SWI 7/22 2400JST
・決勝   UKR-FRA 7/22 2600JST


〇女子フルーレ団体 トーナメント表

・準々決勝 FRA 45V-39 POL JPN 25-44V ITA
      RUS 33V-25 KOR CAN 41-45V USA
・準決勝  FRA 32-45V ITA RUS 45V-36 USA
順位戦  POL 29-34V JPN KOR 29-45V CAN
・7決   POL 29V-28 KOR
・5決   JPN 33V-32 CAN
・3決   FRA-USA 7/22 2300JST
・決勝   ITA-RUS 7/22 2500JST

 日本は、去年に続き5位確保(アジア勢最上位)。


〇女子サーブル団体 参加31ヶ国

日本(青木、江村、福島、田村)は第9シード 前年度9位
・1回戦 JPN 45V-28 SIN
・2回戦 JPN-UKR 7/22 2300JST


〇男子フルーレ団体 参加35ヶ国

日本(松山恭、三宅、敷根崇、鈴村)は第6シード 前年度7位
・2回戦 JPN 45V-28 THA
・3回戦 JPN 37-45V GER
 ドイツは、ヨピッチにクライブリンクが代表でバリバリやってるんか。。。
 そのドイツに勝てない日本。。。これで、去年より順位を落とす、韓国・中国・香港の後塵を拝すことは確定。

順位戦 JPN JPN-CAN 7/22 2230JST開始
 結果は明日朝に書く。おやすみなさい。。。


・準々決勝組合せ
USA-CHN KOR-RUS FRA-GER HKG-ITA

ISR 35V-35 JPN まとめ

 まったく。。。昨夜は頭きて、日本が負けた時点でベッドに入ったんだが、寝付けずに26時半くらいまで?結局ネットで速報をチェックしていたなど。
 決して、宮城選挙区で石垣のりこが最後まで決まらなかったから寝付けなかったのではないw(これが決まったのは24時半くらい)

JPN 35-35V ISR
主審:DYAOKOKIN Yevgeniy KAZ

1)前提条件
対戦無意欲(対戦拒否)の適用について(2019/3/4 日本フェンシング協会)

より:
 3.個人と団体の両種目
a) 対戦やマッチで受けたPイエロー(警告)とPレッド(ペナルティーヒット)のカードは、その対戦やマッチだけに有効である。
f:id:kammy:20190722094542j:plain
*俺の解釈:Pイエロー・Pレッドは、その対戦についてのみ有効だった
 実際  :マッチ(団体戦の1-9試合目)まで通じて有効であった。


2)実際に起こったこと
 スコアシート
f:id:kammy:20190722094557j:plain

 動画 Red ZONEの4:25:00あたりより。

World Championships Budapest 2019 Team DE-Day04 2nd color Zone



・第一試合 BESKIN 2-2 加納
*ここで2度ノンコンバットがあった
 Pイエローカード→Pレッドカードの提示が両方にあり

・第二試合 FREILICH 7(+5)-5(+3)見延

・第三試合 HARPER 11(+4)-7(+2)山田

・第四試合 BESKIN 15(+4)-10(+3)見延

・第五試合 HARPER 22(+7)-19(+9)加納

・第六試合 FREILICH 26(+4)-20(+1)山田

・第七試合 HARPER 34(+8)-34(+14)見延
*見延、怒涛の攻撃で追いつく

・第八試合 BESKIN-宇山*交代
 5:10:00あたりより
 第八試合(宇山の試合)で2度ノンコンバットがあった
 一発目:1分経過(残り2分)→両者得点、35-35
(Pレッドカードの提示はなし)

 二発目:2分経過(残り1分)→試合終了
(Pブラックカードの提示はなし)

 ルール上、同点なので両方にPブラックカードを提示された
 Pブラックカードを提示された場合、リザーブの選手が残り時間を引き継いで戦うはずだが、日本は既にリザーブの選手を使用していたため、失格となった。リザーブ選手を残していたイスラエルの勝利。
*次の報道によると、この部分を失念していたらしい。

参考)もしも・・・
 Pブラックカードが提示された場合、片方がリードしていたら、その時点でポイントの低い方に「のみ」Pブラックカードが提示される。
 日本リードでの場合:イスラエルは残り1分からリザーブ選手を投入して試合続行
 イスラエルリードの場合:日本は失格、敗北
 仮に同点でイスラエル「も」リザーブ選手を使用していた場合、世界ランキング上位の日本が勝利する。

3)報道
痛恨のルール誤解で敗戦/フェンシング
 フェンシングの世界選手権第7日は21日、ブダペストで団体が行われ、男子エペで世界ランク7位の日本(宇山、加納、見延、山田)は初戦の2回戦でモロッコに快勝した。3回戦はイスラエルと対戦し、試合は35-35で終わったが、規定により日本が敗れ、順位決定戦に回った。
 個人でメダルに届かず、団体での雪辱に燃えていた男子エペの日本だが、3回戦のイスラエル戦で今年から採用されたルールを誤解する痛恨のミスを犯した。
 同点で互いに消極的として四つ目の指導となる「ブラックカード」を受け、35-35で試合が終了。その場合に世界ランキングが上のチームが勝つと勘違いしていた日本は勝利を確信し喜んだ。しかし、実際には補欠選手の4人目を使っていた日本が規定により負けた。
 4人目の選手だった宇山は、コーチに日本が勝っているかを確認した上で攻めなかった。敗戦を知ると泣き崩れた。福田強化本部長は「ルールを完全に理解していなかった。私の責任でもある」と選手をかばった。(サンスポ/共同)


4)今後の反省
 例えば、FIE主催試合では、世界ランキングがあらかじめ決まっているが、

・高校選抜とか、全日本団体戦のトーナメントでは?
→予め、仮のランキングを決めておく?

・国公立大会(のプール戦・順位決定プール)とか学生リーグ戦では?
→リーグ戦表の1-2とかで、例えば1が上(優先権あり)と決めておく?

高体連ルールの団体戦では?(フルーレなのでレアケースの可能性があるが)
*今回のインターハイではこのルールは適用しないことが発表されている
→決めの問題だが、Pイエロー・Pレッドを次の試合に持ち越さないようにするのがベスト?

・太田会長のコメントは?(これ書いてるAM09:30時点でまだの模様)
→恐らく、試合中は日本への帰国途中だったのでは。

5)主審:DYAOKOKIN Yevgeniy KAZ
 ルール適用に問題はない、と言わざるを得ないし、仮に他の審判であっても同様にカードが出ていたであろう。
(仮に俺が主審だったら、そもそもこのルール完全に把握してなかったわけで)

 ただ、観客にもわかるように、Pレッドカード・Pブラックカードを提示していなかったので、その点は問題あり、だろう。
 今月のCC(Cusare Chimpan)大賞とまではいかないが、次点くらいにはノミネート。

Q12. The Referee shows P‐cards for U2F to fencers and teams who know what they mean and imply. But how can we make these P‐cards visible and understandable for the media and spectators?
主審は、U2F 用の P カードをそれらが何を意味しているか及び暗示しているか知っている選⼿とチームに表示する。しかし、マスコミと観戦者達にこれらの P カードを目立つようにしたり理解できるようにしたりできるか。
• As with any new rule, we will have to communicate about it. P‐cards will soon be displayed separately and clearly on the score‐boards.
全ての新しい規則のように、我々はそれについて伝達しなければならない。P カードは、近く別個に且つ明白にスコアーボードに表示される。


6)この結果を踏まえた、日本の世界ランキング
 前年度9位、今年度9位なので、大きな変動はないとは思われるが、団体戦については全試合終わった時点で改めてまとめるつもり。

7)雑感
・このルールクソw

Fencers must fence during the whole time and not decide for themselves when they want to go to the break.
選手は、全時間中フェンシングをしなければならず、休みたい時を勝手に決定してはならない。

・そもそも、俺も7試合目くらいから真剣に見だしたわけで、宇山がリザーブで入ったということも気づいてなかった。

世界選手権。男子サーブルは韓国、女子エペは中国制覇。

 とりあえづ、イスラエル戦の一件については別記事で纏めるので、昨夜の(俺が寝たあとの)結果を。

〇男子エペ団体 トーナメント表
順位戦 JPN 45V-31 VEN
順位戦 JPN 45V-37 DEN
9決  JPN 45V-44 KAZ

 日本は9位(昨年も9位)

〇男子サーブル団体 トーナメント表

3決 ITA 45V-38 GER
決勝 KOR 45V-44 HUN

〇女子エペ団体 トーナメント表

3決 ITA 45V-36 UKR
決勝 CHN 29V-28 RUS


 ここからは、今日7/22の試合予定。

〇男子エペ団体
準々決勝組合せ
RUS-CHN UKR-ITA KOR-FRA ISR-SWI

〇女子フルーレ団体 トーナメント表

準々決勝組合せ 7/22 1530JSTより
FRA-POL JPN-ITA RUS-KOR CAN-USA


〇女子サーブル団体 参加31ヶ国

日本(青木、江村、福島、田村)は第9シード 前年度9位
1回戦でシンガポールと対戦 2100JSTより
勝つとタイ-ウクライナの勝者と対戦


〇男子フルーレ団体 参加35ヶ国

日本(松山恭、三宅、敷根崇、鈴村)は第6シード 前年度7位
2回戦でタイと対戦 1730JSTより
勝つとドイツ-チリの勝者と対戦

世界選手権7日目。日本男子エペ、謎の敗退

〇女子フルーレ団体 トーナメント表

日本は第5シード(東、菊池、宮脇、辻)(前年5位)
1回戦 JPN 45V-19 VIE
2回戦 JPN 44V-32 HKG

準々決勝組合せ:
FRA-POL JPN-ITA RUS-KOR CAN-USA

〇男子エペ団体 トーナメント表

日本は第7シード(加納、見延、宇山、山田)(前年9位)
2回戦 JPN 45V-25 MAR
3回戦 JPN 35-35V ISR
 7試合目。29-26から見延が34-34まで詰める。
 8試合目、34-34で日本は宇山。残り2分でノンコンバット適用。レッドが出たのか?35-35となった。
 さらに1分経過。
 で、そこで日本が失格らしい。なんで???

 参考:対戦無意欲(対戦拒否)の適用について(FJE)

 これによると、今回のケースは(同点なので)
1回目イエロー、2回目レッド、3回目もレッド、4回目でブラックのはずなんだが。。。
 イエローとかレッド出た形跡がない(スコアボード見ても出ていない)し、主審はブラックカード出していない?

ブラックカードを受けたチームは、もし補欠選手がおり、以前に作戦上や医療上の理由で交代していないならば、その補欠選手を使用する事が出来る。もしPブラックカードを受けた後に交代が行われる場合は、医療上の理由であっても更なる交代を⾏う事はできない。
もし(補欠選手がいない又は補欠選手が既に使用されたので)Pブラックカードを受けた後に交代が行われる事が出来ない場合は、Pブラックカードで制裁を受けたそのチームはマッチに負ける。
もし両チームが同点であり同時にPブラックカードを受ける場合は、FIEランキングが高い方のチームがその対戦に勝つ。

 そうか、日本はすでにリザーブ使っていた(山田→宇山)から失格?
 このマッチの前の時点で、ノンコンバットが発生していたということ?


World Championships Budapest 2019 Team DE-Day04 2nd color Zone


 とりあえづ順位戦が2340JSTより、VEN-SWIの敗者との対戦だが、もう寝る。おやすみなさい。

〇女子エペ団体 トーナメント表
準々決勝 ITA 25V-22 USA CHN 45V-40 KOR
     RUS 45V-35 EST UKR 45V-38 POL
準決勝  CHN 44V-31 ITA RUS 42V-40 UKR
7決   KOR 45V-27 POL
5決   USA 35V-30 EST
3決   ITA-UKR 2320JST
決勝   CHN-RUS 2500JST

〇男子サーブル団体 トーナメント表
準々決勝 KOR 45V-34 ROU GER 45V-43 RUS
     HUN 45V-29 IRI ITA 45V-33 GEO
準決勝  KOR 45V-22 GER HUN 45V-38 ITA
7決   GEO 45V-33 ROU
5決   RUS 45V-33 IRI
3決   GER-ITA 2410JST
決勝   KOR-HUN 2550JST

世界選手権6日目まとめ

 取り急ぎ 取り急ぎ
〇男子フルーレ個人https://2019budapestfencing.com/files/hunfencing/2019_wfc_bud/smf-in/index.php?page=clasfinal.htm
・3回戦 三宅諒 5-15V ZHEREBCHENKO Dmitry RUS
 1 LEFORT Enzo   FRA 

2 MEPSTEAD Marcus   GBR

3 SON Young Ki   KOR

3 ZHEREBCHENKO Dmitry   RUS

5 CASSARA Andrea   ITA

6 SIESS Michal   POL

7 CHOI Chun Yin Ryan   HKG

8 LEE Kwanghyun   KOR

13 三宅 諒 フェンシングステージ

〇女子サーブル個人https://2019budapestfencing.com/files/hunfencing/2019_wfc_bud/sws-in/index.php?page=clasfinal.htm

 1 KHARLAN Olga   UKR

2 VELIKAYA Sofya   RUS

 3 GKOUNTOURA Theodora   GRE

3 PASCU Bianca   ROU

5 STONE Anne-Elizabeth   USA

6 BERDER Cecilia   FRA

7 MARTON Anna   HUN

8 KOMASHCHUK Alina   UKR

〇男子サーブル団体https://2019budapestfencing.com/files/hunfencing/2019_wfc_bud/sms-eq/index.php?page=tableau16.htm
順位戦 JPN 45V-42 CAN順位戦 JPN 41-45V USA11決 JPN 31-45V CHN日本は12位
〇女子エペ団体https://2019budapestfencing.com/files/hunfencing/2019_wfc_bud/swe-eq/index.php?page=tableau16.htm
順位戦 JPN 41V-39 HKG順位戦 JPN 23-45V FRA11決 JPN 37V-36 GER日本は11位